カロミルアドバイス導入事例

記録の継続で食事管理の"
自分ごと化"促進
〜株式会社フィジオが「カロミル」「カロミルアドバイス」導入、
業務の効率化や指導の質向上へ~

「カラダとこころのコンディションを整える」フィジオが「カロミル」を導入

同社は福岡を中心にパーソナルトレーニング&コンディショニングを提供するパーソナルトレーニング専門店を展開しています。

「カラダとこころのコンディションを整える」をミッションに、ダイエットや健康増進のほか、アスリートのパフォーマンス向上など、一人ひとりに合わせた運動療法や栄養指導を行っている企業です。トレーナーのほかに、理学療法士や管理栄養士など各分野に精通したスタッフも常駐しており、トレーニング後のケアやサポートにも注力しています。

今回導入いただいた「カロミル」は、食事・運動・体重のデータを管理する健康管理アプリで、特許技術の「カメラロール解析」により、スマートフォン搭載のカメラ機能で写真を撮りためておけば、アプリを毎回開かなくても、自動で画像解析が行うことができるのが最大の特徴。指導者向けのウェブツールの「カロミルアドバイス」は、指導対象者の「カロミル」アプリと連携し、食事や栄養の指導がすべてオンライン上で完結できます。

指導対象者の食事データの記録・蓄積が自動化されるだけでなく、AIが食事内容を自動で解析・栄養計算し、指導者の栄養計算など食事指導にかかる手間が大幅に削減されることが大きなメリットといえます。

"受け身"姿勢だった利用者の背中を押すために導入

導入以前は、LINE上で利用者に食事の写真を送ってもらい、スタッフが栄養価計算を行っていたため、非常に時間がかかっていました。さらに利用者は写真を送るのみで、自身の食事の栄養価に意識が向いておらず、食事改善への意識が低いことが課題としてありました。

そこで、自動で栄養計算できるアプリを探したところ、「カロミル」を見つけていただいたそう。また、指導者の業務が効率化でき、かつ顧客満足度UPを期待できるツールとして「カロミルアドバイス」の導入を決定いただきました。特に、アプリと連携して指導者側が利用者の情報を詳細に確認できることが導入の決め手になりました。

本ケースの利用者は子どもから高齢者までと年齢層が幅広く、男女の割合は女性の方が多くなっています。

フィジオでの提供コースと食事指導

同社では、ダイエットコースやプロアスリートのトレーニングコースのほか、健康増進目的のご高齢の方向けコースと、大きく3つにコースが分かれています。

一番利用者が多いのはダイエットコースで、トレーニングに加え、ほぼ全員にカロミルアドバイスを活用した食事指導を実施しています。プロアスリート向けコースは、パフォーマンス向上のためのトレーニングに加え、試合に響かないよう、マッサージなどのトレーニング後ケアを提供しています。ご高齢の方向けには、転ばない身体作りのためトレーニングを提供していますが、マッサージのみの利用者も多く在籍しています。

ダイエットコース以外の方には、担当トレーナーが食事指導をした方がよいと判断したり、ご要望がある場合に食事指導を実施しているそうです。

現場での「カロミル」「カロミルアドバイス」の利用方法

  • ダイエットコース会員には、入会時にカロミルと連携した食事指導のプランをご紹介(食事指導は追加料金500円が必要)。その他のコース会員は、トレーナーの判断で食事指導が必要だと感じた場合に直接ご案内。
  • 利用者に毎日食事記録をしてもらう。
  • 記録内容を受け、必要な栄養素や食材を考慮したメニューの推奨など、食事内容に対するアドバイスを行う。
  • 食事改善の傾向が見られるまで、食事指導を継続。

食事記録の継続で、利用者に食事管理の"自分ごと化"を促す

同社管理栄養士の清水萌菜さん曰く、導入したことで、大きく2つのメリットがあったとのこと。一つは、栄養価計算をしていた時間を削減できた分、仕事の効率が上がったこと。そして、もう一つが指導の質が向上したことです。

日々の食事記録や蓄積されたデータによって、より丁寧で個人に合わせた指導ができるようになり、利用者からは「自ら食事内容を記録することで、積極的に食事改善に取り組むようになった。栄養素も可視化されるため、摂取しすぎている栄養素や不足している栄養素が分かった」という声も挙がっていると言います。

「当社は兼ねてより、体作りする上で食事管理は欠かせないと考えてきましたが、『カロミル』の導入で利用者の方にも身をもって食事の大切さに気づき"自分ごと化"できた結果、食事改善などの行動変容に繋がったのだと思います。今後はチャット機能も活用して、利用者とより円滑なコミュニケーションを図っていきたいです」(清水様)

810
取材にご協力いただいた清水様

当社では、引き続き皆様からいただくご意見を元に、誰でも利用しやすく、我々のミッションである「健康寿命を太く、長く」を多くの方が達成できるようなサービスとなるよう、アップデートを常に続けています。

一覧へ戻る