LIFE LOG TECHNOLOGY

PRESS RELEASE

「カロミル」を活用した獨協医科大学との
「肝硬変患者の食事管理と影響」に関する研究論文が公開―AIを用いた食事・栄養素記録が、肝硬変患者の食生活の意識改善に有効―

2021年10月7日 11時00分

食事・運動・体重管理アプリケーション(以下アプリ)「カロミル」の開発・提供をするライフログテクノロジー株式会社(東京都中央区、代表取締役:棚橋繁行)は、獨協医科大学埼玉医療センター(埼玉県越谷市、玉野正也教授/肝臓専門医)と2019年から共同で研究を行っていた、肝硬変患者の食事内容に対する人工知能(「カロミル」アプリ)を用いた栄養解析の試みについて、研究の成果をまとめた論文が公開されたことをお知らせします。

◎研究がスタートした背景と、「カロミル」が選ばれた理由

肝硬変患者の治療は一般的に薬物療法と栄養治療を中心に行っており、今までの栄養指導に関しては、患者が直近約1週間分の食事品目を自己申告し、管理栄養士が面談しつつ、摂取カロリーおよび栄養素を算出していました。しかし栄養療法を行う際、在宅治療の患者は来院後に過去の食事品目から摂取カロリーや栄養素を計算して、それから指導が開始されるため効率が悪くなってしまいます。加えて、医師や管理栄養士は詳細な栄養状況を把握することが難しいという課題もありました。

そこで獨協医科大学 埼玉医療センターによる、「人工知能を用いて肝硬変患者が摂取した食事を自動的に解析した際の、患者の受け入れ状況と人工知能の解析能についての研究」に活用するアプリに、「カロミル」が採用。26,300種類(2019年時点、現在は約10万種類)の食品のデータベースや、当社独自の「カメラロール解析」により、写真1枚で毎日の食事の記録や栄養素を割り出すことができる機能を持ち合わせているため、患者の在宅での食事状況を医師や栄養士が詳細まで把握し、各患者に合わせた栄養指導が可能になりました。

<獨協医科大学埼玉医療センター消化器内科 玉野正也教授からのコメント>

「カロミル」は、食事の写真を撮影するだけで利用できますので、患者様が食前または食後に薬を飲むタイミングにあわせて、手軽に利用できる点も採用の決め手となりました。「カロミル」を利用することでそれぞれの患者様にあわせた、より丁寧な栄養指導を行うことが可能になり治療の効果が高まることに期待しています。

○「カロミル」を活用した研究方法

研究は、患者が人工知能を活用し、毎日食事内容を記録することでもたらす肝硬変患者への影響についての調査を目的としています。在宅治療中で研究対象者本人の文書同意が得られた36歳から80歳まで(平均年齢58.6 歳)の肝硬変患者10人(内訳は男性が3人、女性が7人)を対象に、1週間カロミルを使用してもらい、検討を行いました。肝硬変の原因はそれぞれアルコールが4人、C型肝炎が3人、B型肝炎、自己免疫性肝炎、非アルコール性脂肪性肝炎が各1人となっています。

○今回発表された、研究成果に関する論文について

「人工知能を用いた栄養指導を受けて良かったか」、「栄養指導後に、食生活の改善を意識するようになったか」という質問に対しては、10人全員が「はい」と回答しました。また「従来法と比べて栄養指導は充実していたか」という問いに対しても、7人中全員が「はい」と回答しています。この結果から、「カロミル」の活用により、個人に合わせた丁寧な栄養指導を行うことが可能となり、食事管理に関する意識も向上したことを示しています。

論文情報
論文タイトル:肝硬変患者の食事内容に対する人工知能を用いた栄養解析の試み
著者:大川 修 須田 季晋 白橋 亮作 菅原 美和 玉野 正也
DOI: https://doi.org/10.2957/kanzo.62.169

◎今後の展望

当社のアプリを医療機関での治療に役立てることができ光栄です。研究結果を受け、さらにより多くの人が使いやすいサービスになるよう継続的に改良を行っていきたいと思います。今後も当社は、自社開発のアプリやサービスを通して医療機関との共同研究や、治療および栄養指導への導入に積極的に関わっていきます。また、医療機関以外の様々な機関や企業との研究にも協力し、当社のミッションである「健康寿命を太く、長く」達成を目指し、健康寿命延伸に力を尽くしていきたいと考えています。

カロミルについて

  • 食事・運動・体重管理アプリです。食事記録に関しては、写真1枚で毎日の食事を記録し、AI(人工知能)の画像解析技術によって栄養素を割り出し自動で登録します。カロリーだけでなく、たんぱく質、脂質、炭水化物、塩分、糖質、食物繊維、ビタミン、ミネラルの計算・記録もできるので、ダイエットのみならず、栄養バランスをみた健康管理が可能です。料理解析品目数・解析精度は業界NO.1(当社調べ)。また、食事記録だけでなく運動・バイタルの管理機能もそなえ、「健康のトータルマネジメント」を実現しています。新規登録数も昨年と比較して約3倍のペースで伸び、会員数は110万人を超えました(2021年8月時点)。

カロミルアドバイスについて

  • https://advice.calomeal.com/
    指導対象者(顧客)の「カロミル」アプリと連携し、食事や栄養指導がすべてオンライン上で完結できる、指導者向けのウェブツールです。指導対象者(顧客)の食事データの記録・蓄積が自動化されるだけでなく、AIが食事内容を自動で解析・栄養計算し、指導者の栄養計算など食事指導にかかる手間が大幅に削減されます。

ライフログテクノロジー株式会社について

  • https://calomeal.com/
    当社は管理栄養士、エンジニア、データサイエンティスト、人工知能の研究者で構成されたヘルスケア関連のテクノロジー企業です。2016年2月に創業し、東京本社のほか、宮崎など全国に拠点があります。主な事業はヘルスケアアプリ「カロミル」の開発・運営ですが、大学や企業、医療研究機関などと健康管理や食生活に関する共同研究も行っています。

サービスに関するお問い合わせ先

報道関係の方のお問い合わせ先

  • ライフログテクノロジー株式会社
    広報:石川 pr@calomeal.com
  • 社 名: ライフログテクノロジー株式会社(Life Log Technology, Inc)
    所在地: 〒103-0027東京都中央区日本橋三丁目2番14号 新槇町ビル別館第一 1階
    設 立: 2016年2月
    資本金: 6億1,956万円(資本準備金含む)

  • このリリースのPDFを表示

AIが食事を数値化する

栄養管理・ダイエットアプリ

AppStore GooglePlay

いますぐカロミルを無料ダウンロード

※機能により、App内課金が有ります。